介護レクリエーションの重要性

ADLとは日常生活動作の事であり、日常の生活を営む上で行っている動作全般の事を指します。例えば、歩く・食事する・入浴するなどの動作がADLに当てはまります。健康であれば特にADLを意識する事はありませんが、高齢者となり介護を必要とする身となれば、どの程度まで自立した生活が送れるかがとても重要となります。

自立した生活が送れないようになるとQOLにも影響を与えます。QOLとは生活の質の略称であり、一人一人の人生の内容や質を指します。QOLが高いという事は、人間らしい生活ができており、生きる喜びや楽しさを見出している事につながります。QOLを上げるためにはADLの機能を維持し続ける事が大切なのです。

介護の現場ではADLが低下した高齢者が問題となっており、それがQOLの低下にもつながっています。そこで最近では介護レクリエーションの重要性が認識されるようになっています。レクリエーションというと娯楽や遊びというイメージがありますが、ADLの向上が見込める介護レクリエーションとは、高齢者にとっての再び元気を作り出すための重要な活動です。

現在多くの介護現場では、どのようなレクリエーション企画が良いのかを検討しています。また、どうやってレクリエーションのアイデアを出して良いのか悩んでいる担当者も多いでしょう。頭を使うものや体を使うものなど、それぞれに工夫が必要となります。レクリエーションを考えるうえでの重要なポイントとしては、グループで参加できたり高齢者のプライドを傷つけたりしない事が挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です